ひし振興へ力~ひし栽培説明会~

 

ひし栽培説明会

写真=説明会の様子

 

 JA柳川ひし部会は10日、営農センターでひし栽培に興味のある方を対象に説明会を開いた。同説明会は、部会員の増加を図るために開催され、今回3人が出席した。

 参加者は、ひしの生育・栽培管理について確認した。5月上旬に定植が始まるため、事前に本田準備を行うよう指示がなされた。

 管内では30年前から水田栽培しており、特産品としても人気がある。栗に似た食感と味で、短期間販売だが、全国的に珍しい商品として取り扱われている。

 吉開敏己部会長は、「まずは消費者に食べていただき知名度を上げ、リピーターを増やしたい。また、部会員の増加により、伝統ある品目の維持と加工事業への参入を目指したい」と話した。

 

4月17日「 日本農業新聞」福岡より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。
* が付いている欄は必須項目です