女性がイキイキと活躍するために

 

女性がイキイキと活躍するために

写真=研修を受ける女性職員ら

 

 JA柳川は12日、同JAの女性職員を対象とした意識改革研修会を開催し、35人が参加した。

 講師にフランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社の櫻井ちえみ氏を招き、「ビジョナリー・ウーマン」についての研修を行った。参加者は「自分の人生や仕事に目的を持つ」や「大切なことを大切にする」などのセッションごとの演習やグループディスカッションを通して、自分自身を見つめ直した。

 社内外の環境変化が厳しい昨今、ビジネスパーソンにとって、自身のキャリアデザインを考えることは大事なことである。「『何のために働くのか』『この会社で何を成し遂げたいのか』を考えることは大切だが、まず『自分のありたい姿』を考えるきっかけになれば」と櫻井氏は語る。

参加した女性職員は「自分自身についてじっくり考える時間となった。今後の仕事に生かせるよう、自分にできることから始めたい」と語った。

 

 7月19日 日本農業新聞 福岡より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。
* が付いている欄は必須項目です