園児がダイコン種まき/JA柳川青年部昭代支部が指導

園児がダイコン種まき

写真=1粒ずつ丁寧にダイコンの種を播く園児

 

 JA柳川青年部昭代支部は9月29日、管内の昭代保育園の年長55人を招き、ダイコンの種まきを行った。土との触れ合いを通じて、農業の楽しさを知ってほしいとの思いで青年部員が企画し、今年で5回目となる。

 青年部員から種の播き方を教えてもらった園児らは、1粒ずつ丁寧にダイコンの種を播いていき、「楽しい」と笑顔を見せた。12月の収穫に向けて、青年部員が圃場(ほじょう)の管理を行っていく。

 甲木真青支部長は「収穫するときの園児らの喜ぶ顔が楽しみ」と話した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。
* が付いている欄は必須項目です