〒832-0058 福岡県柳川市上宮永町425-1

0944-73-6312

藤丸敏衆院議員へ「農業・農協改革」に関する緊急要請

  • 公開日:2015.01.19

藤丸敏衆院議員へ「農業・農協改革」に関する緊急要請

写真=要請書を受け取る藤丸衆議院議員㊥

 

 JA柳川本所で16日、地元福岡県第7選挙区管内の藤丸敏衆議院議員に対し、同JAの成清法作組合長、JAふくおか八女の久保薫組合長、JAみなみ筑後の乗富幸雄組合長、福岡県農政連柳川支部の島添茂樹支部長、福岡県農政連八女支部の山下喜次郎委員長、南筑後農政連の猿渡久義委員長が合同で、「農業・農協改革」に関する緊急要請書を手渡した。

 3JA管内の農業は米・麦・大豆の水田農業をはじめ、野菜、果樹、花きなどの園芸作物、畜産・酪農まで幅広く展開している。今後の政府による「農業・農協改革」の進め方いかんでは、JAグループの機能が低下し、これまで行政と連携して取り組んできた農業政策の推進、担い手の育成、農畜産物ブランドづくりなどの対応が困難になり、農業者への多大な影響も懸念される。

要請書では、1月末開会の通常国会で審議される予定の「農業・農協改革」において、現場の意見を反映するよう「組合員の総意に基づく自己改革を基本とすること」「准組合員の利用を制限しないこと」「中央会制度の必要性」など5点について要請した。3JA・3農政連を代表し同JA成清組合長は、「3JA管内農業の一層の振興と農業経営の安定化を図るためには、中央会制度の必要性が不可欠」と強く訴えた。

最後に、藤丸代議士は「要請の趣旨を理解し、現場の意見を反映できるよう、体を張って国政の場につなげていく」と語った。

 

1月18日 日本農業新聞 九州版より

コメントを残しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。