学校給食に「あまおう」提供

学校給食に「あまおう」提供

写真=「あまおう」を手に笑顔を見せる児童ら

 

 JA柳川と柳川市で組織する柳川市農業振興活性化会議は11日、柳川市内の全小中学校の給食に柳川特産のイチゴ「あまおう(2Lサイズ)」を提供した。

 この取り組みは、学校給食を通じ、将来を担う子どもたちに地元農産物を知ってもらうことが目的で毎年行われている。

 柳川市立蒲池小学校では、スパゲッティ、サラダ、食パン、あまおうが当日のメニュー。2年2組の児童らは「いちご大好き」「甘くておいしい」と笑顔を見せた。

 同校の橋本秀博校長は「学校給食にフルーツが出ることが少なくなったので、大変うれしい。児童らには、地元農家の方が心を込めて作った安全安心な農産物をこれからもおいしく食べてほしい」と語った。

 

 3月19日 日本農業新聞 福岡版より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。
* が付いている欄は必須項目です