「AMANERO」「まめマヨ」アジアへ

フードアジア

 

JA柳川は、4月12~15日の4日間、シンガポールで開かれたアジア最大級の国際総合食品見本市「フード&ホテルアジア2016」に出展した。
開催期間中、ジャパンパビリオンにブースを構え、柳川産いちご「あまおう」と激辛唐辛子ハバネロを組み合わせたソースや豆乳から作ったマヨネーズ風ドレッシングなどを紹介、海外のバイヤーにPRした。
商談会には、JA柳川の成清法作組合長(72)をはじめ、農林中央金庫や福岡県信連、JA職員らが参加した。特に商談会では、「AMANERO」と「柳川まめマヨ」に関心が集まり、サンプルの提供が求められ、商品に対する意見や要望が多くよせられた。
成清組合長は「辛いものが好きな人が多い東南アジアは有望な市場だ。海外のニーズに応じた商品に改良しながら、将来的に現地での常設販売を目指す」と決意を述べた.

 

4月22日 農業新聞 九州版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。
* が付いている欄は必須項目です