保育園バケツ稲体験

 

 JA柳川柳川支所は、管内の両開保育園の園児を対象に、バケツ稲体験を行った。

支所職員より米ができるまでの流れや植え方を教わりながら、土と水の入ったバケツに一つ一つ丁寧に苗を植えた。

園児たちは、「泥が冷たくて気持ちいい」と楽しみながら稲植えを行った。

今後、園児達で苗の管理を行い、10月頃には、収穫しおにぎりにして食べる予定。

 

6月29日 農業新聞 ふくおか版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。
* が付いている欄は必須項目です