女性部料理教室

 

 

 

 JA柳川女性部は7月中旬から8月上旬にかけ、全6支部で夏季料理教室を開いた。講師に中村忠和シェフを迎え、「ピーマンの姿煮 豚しゃぶ添え」と「トマトとオクラの素麺サラダ」を調理した。
 教室では、ピーマンの種とわたを取らずに丸ごと調理することで、育毛効果が得られることや、豚肉を湯がいた出汁で野菜を煮ることで、豚肉のもつ「陽」の気を野菜が吸い込み、豚肉を食べたのと同じ気を得ることができる「食養生」の考え方を学んだ。
 参加者は「普段捨てている部分が食べられて、さらに栄養があると知って驚いた。家でも作りたい」と話した。
 

 

日本農業新聞 ふくおか版 8月15日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。
* が付いている欄は必須項目です