〒832-0058 福岡県柳川市上宮永町425-1

0944-73-6312

「オニビシ」 ネックレスでPR

  • 公開日:2019.04.25

 

JA柳川管内で生産されている「オニビシ」を使ったネックレスが注目を集めている。
 同JAひし部会の高橋通徳さんは、去年からオニビシのネックレスを制作している。収穫したオニビシの中身をくり抜き、強度補強のシリコン接着剤を詰め、ひもを通す金具を付ける。つや出しスプレーを丁寧に塗布し、ひもを通して完成。着色はせず、オニビシ本来の自然な色合いを大切にしている。制作したネックレスは、同JA農産物直売所「ふれ愛の里」や農業まつり等で販売する。
 二本の角が生えたように特徴的な形をしたオニビシは、魔除けとしても効果があるという。高橋さんは「全国的にも珍しいヒシ、工夫を凝らして広くPRしたい」と話した。

 福岡県内でヒシを市場出荷するのは柳川のみ。管内では30年ほど前からオニビシを水田栽培している。栗に似たほくほくとした食感は、秋の味覚として人気だ。さらに、ヒシの皮はポリフェノールを多く含み、免疫力を高め、ガンの予防や糖尿病にも効果的とされる。
 管内の生産者は4名、同JAひし部会の吉開敏己会長は「おいしくて体に良いヒシをもっと多くの人に知ってほしい。生産者も増えれば」と話した。

 

 

コメントを残しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。ご記入頂いた個人情報はHP運営に必要な範囲で使用致します。